図表3 看護情報学の定義について

アメリカ看護協会は(American Nurses Association)は、1994年に看護情報学について、「the specialty that integrates nursing science, computer science, and information science in identifying, collecting, processing and managing data and information to support nursing practice, administration, education, research and the expansion of nursing knowledge(看護実践、管理、教育、研究および看護知識の拡大の支援を目指して、データや情報を同定し、収集し、処理し、管理することを扱う、看護学、コンピュータ科学と情報科学を統合した専門分野)」と定義している(American Nurses Association (1994). Scope of Practice for Nursing Informatics. Washington, DC: American Nurses Publishing.)

1997年にストックホルムのIMIAの第8ワーキンググループである看護情報学のメンバーは「Nursing Informatics is the integration of nursing, its information and information management with information processing and communication technology to support World Health.(看護情報学とは、世界の人々の健康を支えるために、情報処理とコミュニケーションの技術を用いて、看護、看護にかかわる情報および情報管理を統合したものである。」と定義している。

また、翌年ソウルで開催されたIMIAのNI−SIG(the Nursing Informatics Special Interest Group of the International Medical Informatics Association において、IMIA−NIの正式な定義として、「Nursing informatics is the integration of nursing, its information, and information management with information processing and communication technology,to support the health of people world wide.(看護情報学とは、世界中の人々の健康を支えるために、情報処理とコミュニケーションの技術を用いて、看護、看護にかかわる情報および情報管理を統合したものである。)を採用した。

また、Goossen WTFは、次の定義を提案している。(Nursing information management and processing: a framework and definition for systems analysis, design and evaluation. International Journal of Biomedical Computing 1996;40:187-195. )

"Nursing informatics is the multidisciplinairy scientific endeavor of analyzing, formalizing and modeling how nurses collect and manage data, process data into information and knowledge, make knowledge-based decisions and inferences for patient care, and use this empirical and experiential knowledge in order to  broaden the scope and enhance the quality of their professional practice. The scientific methods central to nursing informatics are focused on: (1) using a discourse about motives for computerized systems, (2) analyzing, formalizing and modeling nursing information processing and nursing knowledge for all components of nursing practice: clinical practice, management, education and research, (3) investigating determinants, conditions, elements, models and processes in order to design, and implement as well as test the effectiveness and efficiency of computerized information, (tele)communication and network systems for nursing practice, and (4) studying the effects of these systems on nursing practice."

看護情報学は、看護婦がその専門的な実践の範囲を広げ質を高めるために、データを如何に収集・管理しているか、データを如何に情報と知識に加工しているか、知識に基づく決定と推論を如何に下しているか、これらの実際的な経験に基づく知識を如何に使用しているかについて、分析し、定式化し、モデル化することに係わる多分野にわたる科学的な努力である。

看護情報学の中心的な科学的方法は、次の事柄に焦点が当てられている。(1)コンピュータ化されてシステムへの動機に関する論述を用いること、(2)看護実践の全領域−臨床、管理、教育および研究−における看護情報の処理と看護知識を分析し、定式化し、モデル化すること、(3)看護実践のためのコンピュータ化された情報、遠隔通信およびネットワークシステムを設計し、実現し、さらにその効果性と効率性を検証するために、その決定要因、状態、要素、モデルや過程を検討すること、(4)そして、これらのシステムが看護実践へ与える影響を研究するすること。