資料3 NLNの疫学に関するワークショップ資料

米国のNational League for Nursingは、1999年度のワークショップにおいて、地域看護実践への疫学の応用について(Applied Epidemiology in Community Health Nursing Practice)検討している。

その概要は次のとおりである。

 

地域看護実践への疫学の応用について

疫学のモジュールは、ニーズのアセスメントとプログラム評価のための道具としての疫学に関連する内容を網羅している。

学習内容

・疫学を、看護実践の道具として述べること。

・地域集団に対するリスクファクターを決定すること。

・研究計画を、横断研究、症例対照研究やコホート研究の手法を用いて設計すること。

・看護実践の特定の分野−療養所、産業保健、地域看護、看護政策−における疫学の活用について述べること。

・慢性疾患の管理のための疫学の活用を探求すること。

特徴

実験的学習法がこのモジュールの重要な特徴である。参加者は討議内容や独自にプロジェクトの設計を行う個別研究を活用し、実際に率を計算してリスクファクターを決定する。

 

Applied Epidemiology in Community Health Nursing Practice

The Epidemiology module will cover content related to Epidemiology as a tool for needs assessments and program evaluation.

 

Describe Epidemiology as a tool for nursing practice. 

Determine risk factors for communities. 

Design research studies using analytic Epidemiology: cross-sectional, case  control, intervention, and cohort designs. 

Describe use of Epidemiology in specific areas of nursing practice: nursing centers, occupational health, community health nursing practice, and health policy. 

Explore the use of Epidemiology for managing chronic diseases. 

Experiential learning will be an important aspect of this module. Participants will use the content discussed and case studies to independently design research projects and determine risk factors by calculating rates.