資料2 米国の看護系大学においてオンラインで開講されている看護情報学関連のシラバス(AMIAのHPから)

Regent College

看護学修士 臨床システム管理専攻(44単位)

全ての講義はオンラインによっている。6日間のセミナーと最終試験は、大学の評価センターで行われる。

カリキュラム構成

1.コア 看護とヘルスケアの提供システムに関する先端知識を与える。

2.ヘルスケア情報学 情報システムを設計し、処理し、評価するために必要な知識とスキルを与える。

3.臨床システム管理 組織や臨床システム、財務管理、オペレーショナルなシステムを通じてヘルスケア管理の実践について検討する機会を提供する。

4.capstone experience 知識とスキルを統合し適用する機会を与える。

ヘルスケア情報学(17単位)

HINF522 情報学とヘルスケア提供システム

ヘルスケア情報学の歴史、情報学の主要概念と情報管理アプリケーションについて学ぶ。

HINF521 データ、情報と知識

情報学の領域における基礎となる3つ−データ、情報と知識−の概念について学ぶ。データベースの原理、ヘルスケア分類システム、とデータセットの概念が中心である。

HINF551 システムライフサイクル

ヘルスケアシステムのライフサイクルについて学ぶ。

HINF553 ヘルスケア情報学における争点

ヘルスケア情報学の専門的、政治的、社会的、倫理的、法律的な事項と、その政策への意義について学習する。

HINF561 情報学プロジェクト

看護情報学の概念を自らの専門分野において適用する能力を立証する。

HINF563 プロジェクトセミナー

情報学プロジェクトの経験や将来の展望について、様々なヘルスケア領域にある人々と、お互いに共有する機会を与える。

 

University of Mary

コース名 看護情報学T N506

コースの概要

N506 専門的実践:動向、争点と理論

N507 システム分析、設計と人的要因

N606 システム処理、支援、試験と評価

N652 情報/データベース管理とコンピュータ技術

コースの詳細

このコースでは、情報看護婦の役割について学習する。

看護情報学の標準、技術進歩、ヘルスケア提供の変化や資格要件に関する主要な動向や争点について学習する。

患者のプライバシーや秘密が保持され、技術関連の資源が公正であることを保証するモニタリングシステムについて学習する。

ツールを使用することにより、専門的な看護実践の統合性を維持しながら、自動化を最大限に活用するよう、看護活動を再設計する。

看護専門職の意見と両立する看護分類と学術用語を選択する。

コミュニケーション、情報、行動科学、マネジメント、システム、看護に関する理論を学習する。

コースの目的

看護情報学の標準に関する主要な動向と争点を明らかにすること

技術の進展、ヘルスケア提供の変化や資格要件について認識を深めること

技術の設計や患者のプライバシーや秘密を保持するためのモニタリングシステムについて精通すること

治術関連の資源を、公平でコストエフェクティブな方法で割り当てる方法について理解すること

ツールを使用することにより、専門的な看護実践の統合性を維持しながら、自動化を最大限に活用するよう、看護活動を再設計すること

看護専門職の意見と両立する看護分類と学術用語を選択すること

コミュニケーション、情報、行動科学、マネジメント、システム、看護に関する理論を組織化すること

 

University of Phoenix

オンラインでも、講義に出席しても受講できる。

NIS560 専門的実践/動向、争点と理論

NIS561 システム分析、設計と人的要因

NIS562 システム処理、支援、試験

NIS563 情報/データベース管理とコンピュータ技術

 

Duke University

修士を取得し、少なくともワードプロセッシング、スプレッドシート、データベース、e-mail、Web閲覧ができる人を対象としている。

1年間のコースで、Webによる学習と、大学で1学期当り約1週間のセミナーからなる。

コースの概要

各半期にキャンパスへ3〜4日出席して学習する内容。

歴史的な展望、ウェブの設計とHTMLによるオーサリング、原理とシステムライフサイクル、オブジェクト指向の分析と設計、UML、要求記述とプログラムドメインモデリング、ユーザー中心の設計の方法論、新規技術、看護情報学の専門性、技術工房の見学

2半期に渡りWebで学習する内容。

ヘルスケア、看護、情報システム、倫理、法律、規制、政策、政治、経済、技術、複雑系、チームワーク、使用性、標準に関連する問題。システム、専門的技術、情報処理、革新的技術の普及、変化、人口知能、KDD、決定支援、質的成果の理論的適用

実習

学生は、興味のある情報学の分野で、指導者の元で、個人的および課程の目的を達成するために、最低156時間の実習を行う。その目的は、現実のプロジェクトに専心し、既存の経験を総合化し、情報学の争点、関連する標準、理論、ヘルスケアにおける技術の応用について専門的知識を得ることである。また、ヴェンダーとともにUMLモデリングを行い、ビジネスプロセスを学習し、データベースの分析、設計、作成を行い、標準化された言語の研究を行い、より大規模なネットワークへのシステム変換を行い、決定支援モジュールを作成することである。

 

University of Vermont

PRNU112 看護情報学入門

概要

看護の効果的な実践と研究において重要な部分を占める情報学と情報管理の領域において必要な知識とスキルの入門編である。看護情報学は、患者のケア、ヘルスケア施設の管理やヘルスケア専門職や消費者の教育に関連して、看護職が何らかの形で情報技術を利用することにかかわる。

目的

看護情報学の歴史と現状について議論する。

データ、情報、知識の区別について議論する。

看護専門職における情報と情報技術の役割を述べる。

看護職が患者のケアのために情報技術を使う過程について述べる。

情報システムに関連して、看護職の倫理的、法的な責任について述べる。

看護に関連する知識ベースドな情報を見つける能力を実証する。

情報を組織化するためのソフトウェアを使う能力を実証する。

情報システムから検索された知識ベースドな情報を評価する。

 

Wichita State University

N755 ヘルスケア情報システム(インターネットを使用して)

 

大学院のコース

Regent College

 

University of Maryland

修士課程

コアコース(10単位)

進んだ看護実践、ヘルスケアの提供と専門的な実践にかかわる組織的な行動と社会的影響のための臨床的、理論的基礎、理論的および応用的な研究スキルが中心である。

主要なコース(15単位)

財政、組織と管理の理論、ヘルスケアにおける応用、看護情報学の原理と実践、看護情報学に関する実用講座

支援コース(14-15単位)

情報システムについて。システム設計と分析、決定支援、データベース設計、プロジェクト管理、データ通信、ネットワーク、テレヘルス、甚句知能、ニューラルネットワーク、インターフェースの設計、モデリング、シミュレーション等について。

博士課程

看護理論(14単位)

看護実践の理論的基礎、看護理論の分析と発展について。

研究と統計学(17単位)

看護研究を行う上で必須である、測定、デザイン、進んだデータ解析と評価の技術/手法について。これらの技術/手法を自分の興味のある分野に応用し、測定ツールを作成し、研究プロジェクトを実行すること。現在進行中のプロジェクトにかかわるメンバーと密接にかかわる機会が与えられる。

情報学のコース(最低20単位)

オペレーションズ分析、看護情報学の概念と理論、システム設計/設計技術、人間コンピュータインターフェースと進んだ実験デザインについて。

博士論文の作成(12単位)

 

University of Mary

 

University of Utah

修士課程

コアコース(13単位)

 

 

進んだ看護職の役割、ヘルスケアの提供、プログラムの立案、実施、管理と評価

専門コース(19単位)

看護とヘルスケア情報学入門、臨床システム分析とデザイン、臨床決定支援、臨床データベースの設計、臨床システムの実現と実用講座

論文/プロジェクト活動(6単位)

博士課程

看護およびヘルスケア情報学を強調した博士における研究。課程のカリキュラムと学生の興味に基づき、支援者との共同作業により、研究プログラムを展開する。

 

Saint Louis University

修士課程

コアコース(12単位)

ケアシステム、意思決定、ケースマネジメント/マネージドケア、看護実践の理論的基礎、看護とヘルスケアの倫理、研究方法概論

情報学コース(29単位)

健康情報システム、プログラムの開発技法、オブジェクト指向プログラミング概論、システム分析と設計、看護情報学概論、公衆衛生における情報システム、データベース管理システム、ケアシステムの管理、看護情報学における実用講座

 

論文のための研究

 

New York University

大学院と学部における集中講義と副次科目

 

University of Pennsylvania

 

Case Western Reserve University

学部課程(7単位)

情報、技術と臨床のケアを枠踏みにしている。

患者情報の内容、フローと処理、情報と臨床ケアの過程、看護管理を支援するための情報技術の使用、看護情報学にかかわる実習

 

University of Phoenix

Duke University

Loyola University

Northeastern University

University of Arizona

University of Iowa