資料16 看護における場と要素 (豊川裕之先生による)