資料10 ナイチンゲールプロジェクト

 NURSING INFORMATICS GENERIC HIGH-LEVEL TRAINING IN INFORMATICS FOR NURSES GENERAL APPLICATIONS FOR LEARINING & EDUCATION

 1.メンバー

  1)ギリシャ(アテネ大学)

  2)オランダ(HISCOM)

  3)デンマーク(DIHNR)

  4)ポルトガル(IGIF)

  5)イギリス(ロンドン大学)

  6)ギリシャ(EXODUS)S.A.)

  7)ベルギー(ルーバン大学)

 2.研究期間 1996年1月1日から36か月間

 3.プロジェクトの概略

  1)nightingaleは、看護専門職に対するヘルスケア情報システムの使用・適用のための教育に関する戦略を企画し遂行するための必須のプロジェクトである。

  2)nightingaleは、ヨーロッパ中の看護職を、来るべき看護情報学の領域について、協調した方法により教育訓練を行うことにより、欧州間において発達したテレマティクスの基盤を適切に使用することに貢献するであろう。

  3)nightingaleは、看護情報学における一致したカリキュラムの作成を保証するため、ヨーロッパ中のヘルスケア専門職のための教育に関する各種計画やプロジェクトに協力するであろう。この発展に最も本質的に寄与するものは、ユーザーグループによってもたらされるであろう。このユーザーグループとは、全てのEU加盟国からの看護教育分野を代表する、看護専門職、看護システム専門職および健康政策立案者からなるものである。ユーザーグループは、成果の監視と普及を行うもので、ワークショップと会議が同意プロセスの主要な手段となるであろう。

  4)nightingaleは、マルチメディア技術を用いて、カリキュラム作成の過程に基づいて、教科教材を開発するであろう。教育教材と通信教育の基盤となるものは、看護情報学に関するコンピュータを使用した教育ソフトパッケージとなるであろう。CD−ROMを用いた教材や参考資料は、旧来の書籍、教材を使用するコースに対しても、提供されるであろう。

  5)nightingaleは、全ての情報と教科教材を、会議録の出版やWWWを通じて、全ての関係団体に対して自由に提供するであろう。

  6)その他の特徴

   (1)ユーザーについて

    ・ヘルスセクターの最大グループである看護職が、本プロジェクトにおいては、ユーザーグループの編成において代表者を務めている。グルこのユーザーグループは、ユーザーのニーズを提供したり、プロジェクトの進捗状況を監視し、成果を評価することにより、プロジェクトの全過程において大変重要な役割を果たすものである。

   (2)使用される技術や手法

    ・nightingaleプロジェクトでは、看護専門職に教育を行うために、あらゆる可能な最新技術、例えば、マルチメディア教育ツール、CBT(computer-based training)、インターネットやWWWを通じた遠隔教育、を活用する予定である。

   (3)住民へ期待される効果

    ・ヨーロッパの人々は、本プロジェクトで開発する教育教材により大きく益されるとともに、現代技術により訓練されることで、看護専門職は新たな生物医学的な装置により、生産性と応用能力を、ひいては人々の福祉向上させるであろう。

   (4)成果のユーザーに期待される効果

    ・本プロジェクトの成果のユーザーである看護職は、テレマティックスの新たな技術的な発展を吸収し、この新たなスキーマ、アイデア、成果物を、病棟での日々の看護や、病院管理、病院経営に応用することにより、大きな利益を受けるであろう。

   (5)ヨーロッパの産業界に期待される効果

    ・ヨーロッパの産業界は、プロジェクトの全過程に組み込まれている。看護情報システムディベロッパーは、NISグループを代表している。

   (6)EUの政策への貢献

    ・本プロジェクトは、EUの主要なガイドラインとTelematics Applications Programmeに従うものである。プロジェクトの成果は、ヘルスケアセクターの最大のユーザーグループが融合し、ヨーロッパが1998年までに実現しようとしている情報社会に精通する機会を提供するであろう。

 4.目的(Objectives)

  1)意図(scope)

   (1)本プロジェクトの意図は、看護教育・訓練にかかわる全ての階層の合意過程に基づき、看護情報学という学際的な領域におけるカリキュラムを作成しするとともに、ユーロッパ中の様々な試験地点において、そのカリキュラムを実行し、論証することである。教育は、既存の、あるいは拡張されたマルチメディア学習ツールを用いて行われる。

  2)目的(objectives)

   (1)ヨーロッパにおける看護情報学の現状について調査し、開講されている課程を登録すること。

   (2)ヨーロッパにおける情報学の課程に関する看護のカリキュラムの現状を調査し、そのパターンを確認すること。

   (3)ヨーロッパにおける看護専門職の情報学に関する知識を確認すること。

   (4)一連のユーザーワークショップを組織し、ユーザーのニーズと前項の結果に関するコメントを研究し確認すること。

   (5)看護情報システムプロバイダーのワークショップを組織し、看護情報学の教育上のニーズを確認すること。

   (6)看護情報学教育とcomputer-based systems providersの訓欄に関わるワークショップを組織し、関連するプログラムのマーケットのニーズと期待を確認すること。

   (7)ヘルスケア組織の看護婦、看護学校や看護短大や看護大学の学生のための、看護情報学のカリキュラムを作成すること。

   (8)各種の組織や病院において、看護情報学のカリキュラムの作成方法を検証し、実証すること。

   (9)看護情報学において、マルチメディアによる教育・訓練技法を統合すること。

  3)各目的についての予定期日

   (1)看護情報学に関するWWWを立ち上げること(最初の6ヶ月以内に)

   (2)NISやNIおよび看護実践における用語を含む、CD−ROMによるCBTソフトウェアを作成すること(24ヶ月以内に)

   (3)NIに関する入門編を含む教科教材パッケージを、小冊子とともに作成すること(9か月以降プロジェクトの終了までに)

   (4)NIに関する教科書を、NIに関する会議やワークショップの年次会議録とともに出版すること(教科書は18か月以内に、会議録は毎年)

   (5)看護職に、課程の実施を通じて、看護情報学の教育を行うこと(3,000人の看護専門職に対して)。課程はプロジェクト開始後9か月から開始し、実施期間を通じて行う。

 

5.ナイチンゲールプロジェクトの成果一覧

1)Deliverables List

 (1) D 1.1 Report on the evaluation of the implementation of the nursing informatics courses

 (2) D 1.2 Report of the managerial and financial progress of the project

 (3) D 2.1 User Needs in Nursing Informatics Report

 (4) D 2.2 Proceedings of 1st Year Conferences and Workshops

 (5) D 2.3 Proceedings of 2nd Year Conferences and Workshops

 (6) D 2.4 Proceedings of 3rd Year Conferences and Workshops

 (7) D 2.5 Recommendations of nursing informatics education/training programmes Report

 (8) D 2.6 Report on recommendations of the User Groups-Providers and Policy makers in Nursing Informatics Education and Training

 (9) D 2.7 Recommendations to the national and European Health Education Authorities for Nursing Informatics

 (10) D 2.8 Proceedings of the 4th year Conferences and Workshops

 (11) D 3.1 Existing educational software packages and courses in Nursing Informatics (report)

 (12) D 3.2 Authoring material on specific subjects of Nursing Informatics

 (13) D 3.3 Courseware material as transparency packages

 (14) D 3.4 CD-Rom with Database of the terminology of Nursing Informatics

 (15) D 3.5 Computer-based-Training software package dealing with Nursing Information Systems for Nursing Practice

 (16) D 3.6 Publication of Textbook in Nursing Informatics

 (17) D 4.1 Report on the Nursing Informatics Educational status across Europe

 (18) D 4.2 Report on the implementation of the Nursing Informatics curriculum at the Educational Institutions

 (19) D 4.3 Report on the Workshop of the Nursing Informatics Educators

 (20) D 5.1 Curriculum in Nursing Informatics

 (21) D 5.2 4 courses per 6 sites as pilot implementation

 (22) D 5.3 4 courses per 7 sites as verification

 (23) D 5.4 4 courses per 7 sites as demonstration of the multimedia developed course curriculum

 (24) D 6.1 Report on the publication activities of the project

 (25) D 6.2 World Wide Web Server for NIGHTINGALE project

 (26) D 6.3 Report on the dissemination and market research activities promoting NIGHTINGALE outcomes

 (27) D 6.4 Report on the dissemination and local adaptation of the Hyperlinked lexicon in Nursing Informatics

 (28) D 6.5 Interactive Computer based training in Nursing Informatics on WWW

 (29) D 6.6 Textbook in Nursing Informatics on Internet

 

2)CD−ROM

 (1) The first CD-ROM (“Multimedia CD-ROM”) is referred to the Electronic Patient Record. The objectives of this CD-ROM are to show the relevance of the information technology in everyday Nursing practice, to present the differences between the paper-based and electronic patient records and to provide a basic grounding in the principals, terminology and issues surrounding the use of electronic patient record. This CD-ROM has two main threads: the Video Thread and the Lecture Thread. The Video Thread follows a young woman with diabetes from diagnoses through to steady state. It illustrates the role played by the Electronic Patient Record in routine Nursing and Clinical Care. The Lecture Thread is a more structured examination of the concepts involved in the Electronic Patient Record. It is intended to provide a more complete overview of the subject. The user interface is friendly and effective while it provides interactivity to the user.

 (2) The second CD-ROM (“Nilexico CD-ROM”) is a Hyperlinked lexicon in Nursing informatics. It provides a database of the Nursing informatics terminology and it has been translated in 6 European languages (Danish, Dutch, French, German, Greek, and Portuguese). The user has the ability to select his preferable language, to search for a term that is included in the database and to view the explanation of the term. The total number of terms included in the Nursing Informatics lexicon is 618. Links between the words make the lexicon more usable and effective. In this application there are possibilities for adding multimedia presentations, for a graphical, video or sound representation.

 (3) The third CD-ROM (“Transparencies CD-ROM”) is part of the teaching material that has been developed in the NIGHTINGALE project and it includes the presentation of different topics from the sector of Nursing Informatics. The teaching topics that are included in the CD-ROM are: 1. Introduction in Nursing Informatics  2. Building Nursing Knowledge  3. Informatics and Telematics  4. Electronic Patient Record  5. Hospital Information Systems  6. Nursing Information Systems  7. Organisational Aspects      The user has the ability to select his preferable language, and to view a presentation of the different topics, like viewing a series of transparencies.

 

3)出版物

 (1) Health Telematics Education   Editor: J. Mantas  (IOS Press)

 (2) Advances in Health Telematics Education - A NIGHTINGALE Perspective  Editor: J. Mantas  (IOS Press)

 (3) Health and Medical Informatics Education in Europe Editor: J. Mantas (IOS Press)

 (4) TextBook in Health Informatics- A Nursing Perspective Editors: A. Hasman, J. Mantas (IOS Press)

 

4)Textbook in Health Informatics & Interactive Courses(インターネット上での教科書)

 目次

 Preface

 1.Introduction to Health Care

  1.1 Health care definitions

  1.2 Introduction to Nursing Science

  1.3 Nursing Information Technology: Classifications and Management

  1.4 ICNP (......Multimedia Version)

  1.5 NMDS

 2.Information Technology Aspects

  2.1 Health informatics

  2.2 Hospital Information Systems

  2.3 Specialised Information Systems: Diabetes Care

  2.4 Human Interaction

  2.5 Data Analysis Methods

  2.6 Classification Methods

  2.7 Data Protection and Confidentiality

  2.8.E.D.I.

  2.9 Telecare Services For Nurses

  2.10.Knowledge representation and Nursing Informatics

  2.11 Image Processing and Analysis

 3.Organisational Impact

  3.1 Health Care Systems

  3.2 The Impact of Communications and Information Technology on Organizations

  3.3 Impact in Nursing Environment

  3.4 Quality Assurance Issues

  3.5 Communication Among Health Care Professionals