目 次
T.はじめに

U.研究方法
       1.EBN、看護疫学および看護情報学に関する先行研究の情報収集
       2.英国等における看護疫学および看護情報学の研究・教育に関する現地調査の実施
       3.看護疫学の体系の考究と看護情報学の教育充実に関する提案
       4.EBN、看護疫学および看護情報学に関する資料集の作成

V.結果と考察
      1.EBN、看護疫学および看護情報学に関する先行研究の情報収集
         1)各種データベース検索等を通じた情報収集
         2)Nursing Researchの文献検討
      2.英国における看護疫学および看護情報学の研究・教育に関する現地調査の実施
         1)英国のSheffield大学看護学部の現地調査
         2)関連する教材、ソフト(CD-ROM等)の収集
         3)看護情報関連団体が開催する看護情報学セミナーへの参加
      3.看護疫学の体系の考究と看護情報学の教育充実に関する提案
         1)わが国における看護疫学(仮称)の体系試案の作成
         2)看護情報学の教育内容と方法等の検討
      4.EBN、看護疫学および看護情報学に関する資料集の作成

W.まとめ

文 献
図  表
資  料
図  書(略)                                                                                       

  ホームへ戻る