文 献
1) 厚生省健康政策局研究開発振興課医療技術情報推進室編集.わかりやすいEBM 講座.厚生科学研究所,2000;7-28.
2) 太田勝正.看護情報科学 看護情報科学の現状.Quality Nursing 1998;4(1): 70-75.
3) 太田勝正.看護情報科学 看護情報科学とは.Quality Nursing 1998;4(2):75-81.
4) 太田勝正.看護情報科学 米国における看護情報科学教育の現状.QualityNursing 1998;4(3):68-74.
5) 太田勝正.看護情報科学 米国の医療情報システムと看護情報スペシャリストの活躍.Quality Nursing 1998;4(4):72-79.
6) 日本医療情報学会看護情報システム研究会幹事会.第1回看護情報システム研究会講演集,1986.
7) 日本医療情報学会10周年祈念出版編纂委員会.医療情報学第1〜3巻.日本医療情報学会,1996.
8) Guyatt G.H.Evience-based medicine.ACP Journal Club 1991 ;A-16.
9) 久道茂.公衆衛生の責任.東北大学出版会,2000;58-59.
10) 村上陽一郎.安全学.青土社,1998.
11) 福井次矢.EBM実践ガイド.医学書院,1999.
12) 名郷直樹,他、Quality Nursing 1998;4(7):4-41.
13) 日本看護系大学協議会.21世紀に向けての看護職の教育に関する声明.1999.
14) 見藤隆子.学問としての看護.医学書院,1993;2.
15) Gorn, S.Informatics (computer and information science):Its ideology, methodology, and sociology.In F.Machlup & U.Mansfield(Eds.),The study of information:Interdisciplinary messages.John Wiley & Sons,1983.
16) 開原成允.医療情報学の確立.医療情報学.医療情報学会,1980;169-173.
17) J.R.Graves and S.Corcoran.The study of Nursing Informatics, Image.Journalof Nursing Scholarship 1989;21:227-231.
18) 山内一史.看護学における先端科学としての看護情報学.看護研究 2000;33(2):21-27.
19) 柳川洋.疫学マニュアル第5版.南山堂,1997;2-3.
20) 豊川裕之編.疫学・保健統計.メジカルフレンド,1997.
21) ロバート・H・フレッチャー,スーザン・W・フレッチャー,エドワード・H・ワグナー.臨床疫学.メディカル・サイエンス・インターナショナル,1999.
22) ノエル・S・ワイス.医療の疫学.名古屋大学出版会.1987.
23) 重松逸造.疫学とは何か.講談社ブルーバックス,1987;89.
24) 豊川裕之.食品(群)を構成要素とする栄養学,東邦大学退任記念講演、1998.
25) 林知己夫.行動計量学序説,朝倉書店,1993.                                                

目次へ戻る