健康教育の効果判定支援ソフト

地域における成人・老人に関わる健康教育について、参加者の生活習慣等の変容に着目して効果判定を行うことを支援するためのものです。効果判定の基本的な概念、調査方法やデータの集計・分析など、効果判定に関わる重要な事項についてまとめました。
なお、本ソフトは、平成11年度厚生科学研究費(健康科学総合研究事業)の補助を受けて作成し、CD−ROM化したものは、既に全国の保健所と市町村(健康教育担当)に配布したところです。


平成12年3月
主任研究者 猫田泰敏
(東京都立保健科学大学看護学科)


トップページへ戻る